秋葉原ヒルズ 韓国自由自在 はじめに - CyberCiti Japan
akihabarahills.com - 秋葉原ヒルズ.com
韓国自由自在 - はじめに
[PR] CyberCiti社長日記 [PR] 海外格安航空券なら秋葉原ヒルズ
[PR] Jalan Minaki [PR] CyberCiti社長日記2
South Korea - 大韓民国 韓国自由自在
Korean Travel Information
South Korea - 大韓民国

メニュー
秋葉原ヒルズTOP 

韓国自由自在

はじめに

格安航空券

食事

フォト


個人的出来事

その他・日記

会話で得た知識



はじめに

シンガポール(新嘉坡)とは人口約424万人、琵琶湖とほとんど同じ国土の小さな国である。人種もさまざまで中華系が76%、マレー系、13.7%、インド系8.4%などが存在し、公用語は英語であるが、中国語、マレー語、タミール語などを使う人々も存在し、仏教、道教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教などすべてがさまざまなのである。ただ宗教に関心のある人が多く、信仰強い人が人種に問わず多く存在するようなイメージがあります。もちろん宗教を持っていないという人々もたくさんいます。
 シンガポールで有名なのがあらゆる種類の罰金である。実際罰金を払ったという話は聞いたことがないが法律で多くの罰金を設けています。地下鉄(MRT)でジュースを飲んだだけで500ドルの罰金はちょっと高すぎじゃないだろうか!!?と理不尽な罰金が多数用意されています。
 私が思うシンガポールが東南アジアで成功した理由は、英語を公用語としている、公共投資が充実していて過ごしやすい、家電製品には関税がかからない、売春を合法化による観光客のアクセスなどが主な要因であると考えられます。またヨーロッパからオーストラリアに観光に行く人々の中継点でもあり観光客が集まりやすい場所でもあると考えられます。